イライラと避妊や出産には、女性ホルモンが関係

By wpu_xrn5p5h6 女性の多くの人が感じることがあるのは、生理前になるとイライラするといったカラダの変化です。生理周期に関係のあるこのような変化は、女性特有のホルモンが関係しているのです。また、この女性ホルモンの働きは、妊娠するためにも大事なのですが、避妊したいと考えている女性にとっても、知っておくといい知識ですから、妊娠には縁がないとか妊娠適齢期でもないから、自分には関係ないと考えるのは間違いです。まず、女性ホルモンにはプロゲステロンという黄体ホルモンとエストロゲンという卵胞ホルモンの二種類があります。このホルモンの働きによって、排卵したり、生理が来たりするのです。妊娠して出産したい場合には、このホルモンが正常に分泌されて、基礎体温が低温期と高温期が二層になっていることが望ましいわけです。プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンで、排卵後から次の生理頃まで分泌されまさき。子宮を着床しやすい状態に整えたり、妊娠を継続させる働きをします。ただし、プロゲステロンが多く分泌される時期になると、女性はイライラしやすくなったり、肌荒れや頭痛が起きたりする人もいます。一方、エストロゲンは生理の終わり頃から分泌されて、子宮内膜を厚くする働きがあって、女性らしいカラダにするホルモンとも言えます。この時期は、肌がキレイになったり、体調が良くなることが多いのです。妊娠したい場合は、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が入れ替わる排卵時期を狙うことが妊娠への近道になりますが、逆に、避妊を考えている人は、このホルモンの分泌が入れ替わる時期は危険日というわけです。ですから、妊娠したい人も、避妊したい人も、ホルモン分泌の仕組みと排卵時期の体調の変化に気をつけて、自分のカラダをよく知っておくことが大事なのです。
イライラと避妊や出産には、女性ホルモンが関係は知っておきたい避妊方法の種類で公開された投稿です。 …read more